So-net無料ブログ作成
検索選択

ロシアの皇帝 プルシェンコ 競技人生の終わり [スポーツ]

羽生結弦のあこがれの存在でもあるロシアの皇帝エフゲニー・プルシェンコ(31)が
フィギュアスケート男子ショートプログラムの演技直前に棄権した。

【プルシェンコのコメント】
「昨日、腰を痛めた。(演技直前の)6分間練習でダメだと感じた。」
「3回転半ジャンプを跳んで着氷したときに、腰にナイフで刺されたような痛みを感じた。」
「昨日、4回転ジャンプで転倒して腰を痛めた。最後までトライしようとした。でも痛みがひどく、棄権するしかなかった。こんな形で終わりたくなかった。非常に失望している。」
「フィギュア人生の終わりだと思う。競技人生の終わりでいい演技をしたかった。」
「長い休養が必要だ。リハビリを始め、たくさんのアイスショーで滑りたい。」

団体戦では、SPで2位、フリーで1位となって、
ロシアの金メダルに貢献した。
個人でも活躍してほしかった。

今回のオリンピックで新種目となった団体戦がなければ・・・
なんて考えてしまう。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。